給料と貯金が底をついてしまい

派遣の非正規社員のなのでボーナスなし、月々の給与も少なく毎月の生活費や固定費の支払いで精一杯で貯金すら難しい状態です。

洋服は定価で買うことができないため、ワンシーズン前の洋服の残りをインターネットで購入しています。

本当は断りたい付き合いも仕事上仕方なく参加せざるをえず、数千円の支出のために日々の食費を削るしかありません。
1袋100円のロールパンを1日分の食事として小分けして食べています。

もちろんジュースなど買う余裕がないため水筒に水を入れて職場に持参しています。

生活が苦しいからこんな食生活だとは言えず、好きなアーティストのコンサートに行くためにお金を貯めたいから我慢しているのだと職場では嘘をついています。

20代後半の時は友人の結婚式が重なり祝儀を包み、数多くの結婚式にも参列しました。月に3回重なったこともあり給料と貯金が底をついたことも何度もあります。

その時には派遣社員でも審査の通るカードローンに助けられました。
※ここに詳しく載ってあります・・・ オリックス銀行カードローン※金利が業界最低水準?実際は?

何度かは「2次会だけでもきてほしい」という誘いも包むお金がないために断るしかなく、仕事だからと嘘をついて参加できませんでした。

その時が今までで一番情けなく、人の幸せを喜び祝うお金もないのかと涙が出ました。
それからは冠婚葬祭の時だけはスムーズにお金が出せるように生きていきたいと思うようになりました。

お金がない生活は30代半ばになった今でも続いており、美容院で髪を切るにも生活費を削らなければならないので、ひとまずクレジットカードで支払うようになりました。

それも回数がかさみ限度額いっぱいまで使ってしまい毎月返済に追われています。
給料の半分以上がカードでの支払いに消えていきます。

周りからは結婚を考えなさいと常に言われていますがこんな生活をしているとは誰にも言えず、結婚する気にはなれません。
自分のお金の管理も出来ていないのに家族のお金の管理なんてできる訳がないと思います。

本当は出かけるのが好きですがお金もないので出かけることも出来ず、仕事が休みの日には家にこもるしかないので出会いもありません。

彼女が欲しいと思うこともありますが、楽しいことが増える分支出も増えると思うと前に踏み出せなくなりました。

こんな生活から抜け出したくて沢山残業をしたりしていますが焼け石に水です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です