腰痛にはアクティーズ

アクティーズは、いつまでも若々しく元気でいられる、というアクティブライフのサポートを通して、
「豊かな人生」を提供するブランドです。

医療分野の科学的信頼とスポーツ分野の躍動感を、より身近でより楽しい生活に活かして頂くために開発されました。

従来の「サポーター=年寄りのもの」「サポーター=気休め」といったイメージを一新する、
躍動感あるイメージとバランス良い機能を兼ね備えた、全く新しいブランドとなっています。

「いつまでも健康でいたい」 「好きなことにチャレンジしたい」 「生涯現役で明るく笑顔で生きていきたい」
そんなワガママを応援するブランドです。

「アクティブな大人のカジュアルサポーター」。
それが、アクティーズブランドです。

アクティーズのこだわり

抗菌防臭機能

抗菌防臭加工には、抗菌剤を練り込む方法と後加工でコーティングする方法があります。アクティーズでは練り込み加工の素材を使用しており、その効果が持続します。

滑り止め防止機能

摩擦係数は、その数値が大きいほど滑りにくいといえます。アクティーズ腰用で使用しているノンスリップメッシュは、弊社従来素材に比べ1.5倍以上滑りにくくなっています。

アクティブ樹脂ステー

ズレ・たるみを防ぎ安定してひざをサポート。(特許取得済)

製品カラー

性別を問わず使いやすいよう、落ち着きのある上品なベージュカラーを採用しました。医療用品を連想させる白色や、スポーツ向けの黒色とは異なり、日常生活になじみやすい製品カラーとしています。

パッケージカラー

「カジュアル」な生活を「アクティブ」に楽しむブランドコンセプトを体現し、カラフルで、且つ選びやすいパッケージカラーを採用しています。

ブランドタグ

高品質・高機能を体現するブランド名も、あくまで「上質」で「カジュアル」な使用シーンを想定し、ブランドタグによる記載に留め、こだわる大人が使用しやすいよう配慮しています。

腰痛は、日本で最も多い疾患です

腰痛は、約1200万人の方が悩まされている、日本でもっとも多い疾患です。
最近では若い女性でも、腰痛で病院を訪れるほどです。
ひとくちに腰痛と言ってもさまざまで、「安静にしてれば痛まない」、「動いている方が痛まない」、「いつもズキズキ痛む」などの症状があります。
また、原因についてもなどさまざまです。
専門医の治療が必要な場合もありますが、骨や筋肉などの整形外科的要因から生ずる腰痛は、生活の中での正しい腰痛の対策により予防でき、あるいは痛みはじめた場合でも症状を軽くすることができます。
このWEBサイトで腰痛の対策をしていただくことが、多くの方々のお役に立てれば幸いです。

肌が弱い部分の脱毛。一度肌荒れを起こし困りました。

女性なので、ちょっとお恥ずかしいのですが、ムダ毛の処理をするときに大変困っている箇所があります。

それは「口まわり」です。

唇の上に、産毛ではありますがムダ毛が生えてしまい、みっともないので処理するようにしています。

けれども私はもともと毛深い体質で、処理してもすぐまだ生えてきてしまうので、本当に頻繁に剃刀を使わなけれないけないことがストレスです。

一度、家庭用脱毛器を使ってこの箇所を処理したことがありました。

私の使用している脱毛器は光脱毛器といって、処理したい個所に脱毛器をあてて光を照射すると脱毛ができ、その箇所はしばらくムダ毛が生えてきません。

結構強力なので、一度照射したら二週間程度は同じ個所を脱毛できないことになっています。

この脱毛器は、全身に使えるのですが、顔の脱毛をしたい時にはヘッドの部分を顔専用のものに取り換えて脱毛します。

一度脱毛してみると、確かにきれいにムダ毛がなくなり、その後しばらく生えてこなかったのですがその代わりなぜか照射した部分の肌が荒れてしまいました。

赤くなり、ガサガサしてしまい、たった一度で懲りてしまいました。

照射するときにはきちんと顔専用のものを使ったのに、肌荒れを起こしてしまったのは私の肌が弱かったのかもしれません。

いずれにせよ、その一度で懲りてしまい、もう二度とこの部分を脱毛器で処理するのはやめようと思いました。

デリケートな部分だし、人目につくし、これ以上肌荒れしたらみっともないと思ったからです。

その後はずっとカミソリで処理していますが、たまに毛抜きも使います。

痛くて嫌なのですが、一度毛抜きで抜くとなかなか次の毛が生えてこないので助かります。

若い頃から毛深い体質に悩み、いろいろな脱毛器や脱毛クリーム、ジェルなどを使ってきましたが、手や足など肌が丈夫なところはいいものの、口の周りなどデリケートなところを肌荒れせずに脱毛できる商品に出会えないのが悩みです。

顔にも平気で使える、肌荒れ知らずの脱毛クリームでもあれば絶対買うのにな、と思っています。

でも、脱毛するならやっぱり脱毛サロンに行くのが一番いいのかなって思います。確実に脱毛する事が出来ますもんね。

なので、今度脱毛サロンに行ってみようと思ってます。

出雲市(私の地元です)は田舎なのであまり脱毛サロンが多くないんですが、かろうじて数件のサロンはあるみたい。

詳しくはこちら・・・http://xn--79q260a27khyuw1y.jp/

とりあえずお試し間隔で行ってみようかなって思っています。

結果が良かったら、口周りだけでなく他の箇所の脱毛もしようと考えています。

茶道からのローン人生

20代のころ銀座のホステス時代に、職場の同僚に誘われて、茶道を習うことにしました。

習い事としては古臭い気もしたのですが、そろそろ結婚を考える年齢だったこともあり、変にはじけた趣味を持つより、男性受けがいいんじゃないかな、と思いました。

うるさ型の母も賛成してくれて、幸先よい滑り出しでした。

お茶の先生は気さくな中年女性だし、同じ日におけいこに来るのは、先輩格の同僚をはじめ、似たような職種の同世代女性ばかりだったので、楽しかったです。

おけいこは真剣にやりますが、ひと息入れるときは、ぐちや噂話に花が咲いて、アットホームな雰囲気でした。

お月謝も、そんなに高くはなかったです。

ただ、続けるとなると「着物」が必要でした。

日常のおけいこはスカートにソックスですが、初釜などの行事のときは、やはり和服でなければいけません。それも、内内ならばウールの着物や浴衣でいいのですが、流派の集まりなどに出席するときは、小紋・付け下げ、もっと格式の高い茶席に出るときは、紋付でなくてはならないのです。

つまり、茶道に身を入れるということは、一通りの着物を持つ、ということでもあります。

誘ってくれた同僚は、講師・教授の免状まで取って、退職後は茶道教室を開くという野心を持っていました。

だから、いい着物もたくさん持っています。

やはり、いいものを着こなしている人を見ると羨ましくて、私も着物を買うようになりました。

私が利用したローンだと、たとえば30万円の着物と帯のセットを購入すると、毎月2万円ずつ返済して2年半くらいで払い終わります。

でも、2年も3年も、一着の着物ではいられません。季節が移れば、袷から単に衣替えしなくてはなりませんし、お茶会にいつも同じ着物で行くのも、恥ずかしいですよね。

そして、払い終わるかな、というころになると、呉服屋さんが上手に勧めてきます。

私の母は、自分が着物など持たずに嫁いできたもので、代理戦争でもするみたいに、私に「これ、いいよ、買ったら」と煽るのです。

こうして、私は、つねに着物のローンを数万円、抱えていることになりました。

※私の利用したローン・・・風俗嬢でもお金を借りることができる?どうすれば審査に通るの?

結婚して郷里を離れるまで、このサイクルは続きました。遠方に嫁いでしまうと、茶道との縁も切れました。何年もローンを払ってきた着物たちは、今となっては「たんすのこやし」です。